看板製作や手提げ袋チラシ等で企業の宣伝をする

広告を使った宣伝は制作会社が決め手になる

簡単な手提げ袋

安価な手提げ袋を併用

メインとなるカバンのほかに、サブとして手提げ袋を持つ方が増えています。 貴重品などは鞄のほうにしまい、着替えや大きくなりがちな荷物、また買い物の際のエコバッグなどとして利用されている方が多いようです。特に小さくたためる薄手の手提げ袋が使いやすく人気が高くなっています。手提げ袋を折りたたんでカバンに入れておけば急に荷物が増えた時でも対応できます。 そういった用途で使う薄手の手提げ袋なら、しっかりしたものでも数百円程度で手に入ります。買い物の際にこうした手提げ袋を使うことで割引になるなどのメリットもあるので、外出時には安価な手提げ袋を一つカバンに入れておくとよいでしょう。保温保冷効果のあるものは少し割高になりますが、食料品などを多く買う人にとってはそのほうが良いでしょう。

紙製から布製となった手提げ袋

手では持ちにくい荷物を持ち運ぶのに便利な手提げ袋は、戦後において食料を運搬するために利用した風呂敷が始まりといわれています。 1963年にそれまで合成繊維で作られていた風呂敷に代わり、大手百貨店が紙製の手提げ袋を提供したことがきっかけとなり、翌年には現代感覚のデザインを彩ったものを提供したことで持ち歩くことが流行となりました。1965年には、より重い荷物を持てる布製の手提げ袋が登場、中年婦人の人気を得て、ショッピングに欠かせないものになったのです。 現在では手提げ袋の使用用途として、本や文房具、電子携帯機器を入れて持ち歩くことの他、自治体や小売店におけるレジ袋削減の一環としてのショッピングバッグとして活用されています。